葛老山を登って

5月8日(日)は栃木県日光市の「葛老山(1123m)」を登ってきました。今日は電車を利用したので野岩鉄道湯西川温泉駅を利用した。湯西川温泉駅はトンネル内に設置されているのでホ-ムは一つだった。ホ-ムには照明があって点灯されしかもエレベーターも設置されている。駅舎から道の駅を通過して駐車場の奥が登山口だった。登山口には案内板が 設置されていたので登山道は明瞭だった。直ぐに歩きだしたら登山道は木段となり体力が要求された。木段を通過したら九十九折りの道となり一安心。また道中には七福神が随所に設置されているのが面白い。歩き慣れた頃に鉄塔を通過したら第一の休憩所になる四阿に到着した。休憩は後にして歩いて行くとフデリンドウを見つけた。咲いていたのは二株だけだった。道中は木々に覆われていたので景色を見ることは出来ないが、時々両サイドに湖が見え隠れした。ほとんど平坦な道を歩いていたら四阿が見えたら山頂だった。山頂には四阿と三角点の石標と簡易な山名板が取り付けてあった。周囲を見回してもこれと言った景色が見えないので直ぐに下山とした。下山は往路を戻るだけなので順調に歩いていたら始めて一本のミツバツツジを見つけた。やがて駐車場へ着いたら1時間40分待ちだったのでゆったりした昼食休憩だった。食後は周囲を散策してから駅舎に向かい予定の電車に乗車して帰宅した。

陣見山を登って

5月3日(月)は埼玉県美里町の「陣見山(531m)」を登ってきました。今日はクラブの山行に参加したので秩父鉄道を利用した。下車駅は波久礼駅でしたが久し振りの山行と云うことで参加者が28名でした。下車後は駅前の空地を利用して恒例の準備運動さらには自己紹介がなされた。本日のリ-ダ-の会長さんからコ-スの紹介さらには注意事項が終了したらスタートの開始です。参加者が大勢だったことから2班に分かれてのスタートです。慣れないコ-スでしたがヤマップにも表示されているので指定された順路を歩く。間もなく「簡保の宿」の看板が見えたら登山口でした。登山口になったら小木が茂る登山道は地肌が露出していたので歩き易かった。歩くにつれて勾配が増してきたら山ツツジが開花していたので目の保養になった。しばらくしたら今度は道路の中央に石祠が祀られていたので小休止。その後も新緑を楽しんでいたら今度は地上にギンランを見つけたので初夏の気候に感謝だった。その後も身近に咲いているツツジを楽しんでいたら虎ヶ岡城址へ到着した。城址跡には四阿があったので休憩と共に街を眺めることが出来た。その後も順調に歩いて行くとアップダウンが続き標高の割には高低差があったので体力が求められた。それがために努力したらようやく山頂へ到着し昼食休憩となった。山頂には標柱と三角点の石標さらにはテレビ局の建物が設置されていた。山頂からは下山となり稜線を歩いたら
ガレ場の急坂もあったので事故防止に配意した。今日のコ-スには主にツツジの花だけを楽しんだが合間にはウグイスの鳴き声が疲れを癒してくれた。その後は榎峠を通過し舗装道路の林道に出会ったらショウトカットをしたら集落となり住宅が多くなったら国道そして樋口駅へ到着したので登山は終了した。

浅間隠山を登って

4月17日(日)は群馬県長野原町の「浅間隠山(1757m)」を登ってきました。今日もマイカーを利用したので🚙は二度上峠下駐車場(無料)を利用した。準備が完了したので車道を歩いて二度上登山口からのスタートです。登山口には倉渕山岳会が設置した大きな案内板が設置されていた。また地上にはボックスの登山ポストが置かれていた。登山道は明瞭で歩き出したら直ぐに風雨で洗掘された登山道となり大小の石が露出していた。そのため暫くは悪路であったが間もなく石が無くなったら表土が現れ歩き易くなった。周囲は主にカラマツが茂る樹林帯であったが景色は見えない。およそ15分で始めての指導標に到着したのでコースを再確認した。静かな登山道を黙々と歩いていたら、始めて下山者に合ったので山の情報を頂いた。やがて大きな九十九折を経たら最初のピークは山頂とワサビ平の分岐点だった。ここで小休止を取ったら今度は稜線歩きとなったので枝越しに景色が見えるようになった。登山道はいまだ霜柱解けの悪路であったがようやく山頂へ到着した。山頂には標柱と方位盤、石祠が置かれていた。今日も天気に恵まれ景色を眺めることは出来たが先ずは浅間山雄大な姿に圧倒された。また方位盤には名だたる山が記されているが知識不足で役に立てることは出来なかった。また山頂では先客が昼食を取っていたのでこちらも昼食休憩とした。休憩中はスケールの大きな姿の浅間山を眼前にしていたが直ぐに雲に覆われその姿は薄くなってしまった。休憩後は下山とし往路を戻ることにした。しかし下山に際しても霜解けの道となっていたので、慎重に歩き無事に駐車場へ戻ることが出来たので本日の山行は終了した。

横根山を登って

3月6日(水)は茨城県高萩市の「横根山(388m)を登ってきました。今日もマイカーを利用したので🚙は花貫公園駐車場(無料)を利用した。f:id:kasubenohana:20220410164636j:plain駐車場は既に満車だったので苦労した。コースは事前にGPSへダウンロードしてあったので予定のコースを歩く。始めは花貫川沿いから進入し支尾根に到着した。登り始めたら直ぐにイワウチワワの群生が待っていた。f:id:kasubenohana:20220410164251j:plain登山道の両側にイワウチワワの🌸は開花していたが最盛期は過ぎていたか?f:id:kasubenohana:20220410164345j:plainそれでも花の数が多いので全ての花を鑑賞するのは不可能だった。f:id:kasubenohana:20220410164428j:plainイワウチワワ以外の花はミツバツツジの一本が印象的だつた。やがて稜線の沢尻湿原分岐に到着したので湿原へ向かうとミズバショウが開花していた。f:id:kasubenohana:20220410164506j:plain花を楽しんだ後は横根山へ向かうと山頂には簡易な標柱と三角点が設置されていた。f:id:kasubenohana:20220410170918j:plain閑散とした山頂で昼食を取っていたらカタクリの花が開花していた。昼食後は移動すべく下山コースに足を進めた。コースの途中では眼下に花貫ダムが見え隠れが疲れを癒やしてくれた。やがて都築山分岐に到着したので予定通りに下山コースを歩く。すると間もなく登山道は再びイワウチワワの出現となり嬉しい限りです。f:id:kasubenohana:20220410165856j:plainそこで再度カメラの出番となり撮影が忙しくなった。撮影しながらも歩いたら何時しか花貫川に到着した。f:id:kasubenohana:20220410170353j:plain以前には水量が多かったので靴を脱いで徒渉したが今日はその必要は無い。無事に川を渡ったのであとは国道沿いに歩き無事に駐車場へ到着したので本日のイワウチワワ鑑賞登山は終了した。
f:id:kasubenohana:20220410164942p:plain

籠岩山を登って

4月6日(水)は茨城県大子町の「籠岩山(501m)」を登ってきました。今日もマイカーを利用したので「つつじヶ丘駐車場」(無料)🚻へ🚙を止めた。f:id:kasubenohana:20220407122251j:plain
f:id:kasubenohana:20220408104304j:plain駐車場からは舗装道路を歩き階段も上がり支尾根を歩くと、ジグザグが終わると集落に至り登山道に入る。直ぐに四阿と展望台に着いたので景色を望む。f:id:kasubenohana:20220407122904j:plain四阿の裏側からは急とのコースでロープも設置されていた。稜線に至ると唯一のイワウチワワを発見したのでさらなる山野草に期待した。f:id:kasubenohana:20220407123408j:plainその後も日射しを受けながら順調に歩いていたら今度は急峻な崖に至りロープを利用して慎重に降下した。するとこの場所はコルであったことから再度対岸の岩に挑戦だ。こちらの岩も樹木の根が露出していたので大いに利用することによって登頂することが出来た。f:id:kasubenohana:20220407125034j:plain難所を通過したら山頂へ到着したので昼食休憩。山頂には山名板と三角点が設置されていた。f:id:kasubenohana:20220407125542j:plain昼食が終了したので早々に行動を開始したら今度は勾配が有る下り坂だった。その後も難なく下り終えると樹林帯となりジグザグをたどったら涸れ沢へ到着した。この沢も下るにしたがって何時しか水の流れとなり障害となってきた。悪路を避けながら歩いていたら釜沢越えを通過し久慈パノラマラインに合流した。林道は交通量が少なかったが民家のミツマタが綺麗だつた。f:id:kasubenohana:20220407131043j:plain
その後も曲がりくねった林道を歩いていたら無事に駐車場へ到着したので本日の登山は終了した。
f:id:kasubenohana:20220407135519p:plain

お楽しみウオーキングに参加して

今日は地元公民館が主催した「第15回お楽しみウオーキング」に参加してきました。参加者は管内在住の22名で予定されたコースを約3時間歩いてきました。出発は集合場所が公民館であったことから、受付が終了したら係員の案内で出発。コースは公民館→慈恩寺親水公園→慈恩寺→十三重霊骨塔→豊潤館→公民館でおよそ
3時間約7㎞を歩くコースでした。幸いに天気に恵まれたので係員の挨拶、準備運動が終了したら歩行の開始です。参加者が大勢だったことから3班に編成され予定のコスを歩くのだった。間もなく街中を外れたら桜並木となり、およそ3分咲の🌸が綺麗だつた。皆は陽気に誘われ話しも弾みコロナ化ではあったが疲れを感じさせない。早くも親水公園に到着したら最初の休憩となった。一息入れたら今度は次の目的地へ向かったら、人家の庭の花を見ながら話しが弾み直ぐに慈恩寺へ到着した。慈恩寺ではお参りをしながら休憩したら直ぐに出発だった。道路は郊外なので車に注意しながら歩いたら、今度は十三重霊骨塔へ到着した。本日は地元の文化財に詳しい人に同行を御願いしていたとのことで、貴重な説明を聴くことが出来た。最後の目的地に到着したのでここからは今朝の公民館へ向かった。やがて全員が無事に公民館へ着いたら解散となったが、帰りには飲食の土産を頂き、スマホの万歩計を見たら15800歩を記録していた。f:id:kasubenohana:20220327174750j:plain
f:id:kasubenohana:20220327174845j:plainf:id:kasubenohana:20220327175040j:plain
f:id:kasubenohana:20220327175126j:plain